「実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ」研究工房 (´・v・`)David A. Carterの本から学ぶ♪ その2

イメージ 1

先日作った
「不思議の国のアリス」のトランプ群のポップアップカード。
  
実際のロバート・サブダの絵本は
もっともっと入り組んだ複雑な造りですが
基本の形はこちらのしかけによく似ています d(´・v・`)

「 Figure 32」
そういえばデビッド・カーターと一緒に
このすばらしい本を書かれているジェームス・ダイアズ
2冊の「不思議の国のアリス」の
ペーパーエンジニアを担当しています(^v^)
  
  
 ■後日発見!■(@o@)
サブダのあのトランプのシーンが
自分で作れてしまう大人気のキット。

▼Amazon
サブダにチャレンジ! vol.1 (大型本)
  
  

  
タブをひくと首が伸びる怖い不思議の国のアリス(笑) >>>
使ったしかけ 「 Figure 37」
  

  

  
小さな小瓶の中から大きなアリスが飛び出すカード >>>
使ったしかけ 「 Figure 20」
  

  

  
タブをひくと絵が変わる
蝶のチェンジングピクチャー >>>
使ったしかけ 「 Figure 40」
  

  

  

  
▼しかけ絵本【特集】世界の有名作家(1)
   
  

  
  
こちらは
世界のペーパーエンジニア・グラフィックデザイナー達の作品集。
カタログ、DM、カード、絵本など多数掲載されています。
型紙が少しだけ巻末に載っていますが、ハウツー本ではありません
インスピレーションを得るための教本と言えるでしょう。
洋書・和書出ていますが、和書は表紙だけが日本語??
アマゾンのレビューを見ると和書の中身も英語の様です。
英語と言っても写真が殆どなのでどちらでもOKかと。
  
  
  
日本発祥のポップアップカードと言えば折り紙建築
ペーパーアートとして世界中で評価されています。
1980年代に茶谷正洋が考案し
一番弟子の中沢圭子は現在でも活躍中。
球体ポップアップカードや紙一枚で作れる90度型もあり。
型紙掲載された本は皆さんのお近くの図書館にあるかも^^チェック!