★しかけ絵本 紙のユニコーンで遊べる★Nick Denchfield

イメージ 1

  
  
ユニコーンって
夢がありますよね♪ (´・v・`)
  
今回のしかけ絵本は
ちょっと変わった絵本です。
アメリカの本屋さんで見つけたのですが
伝説上の生き物のちょっとした解説本。
優しいものもいれば、
恐ろしいものも出てきます (:゜д゜:)笑
『 Magical Beasts: A Pop-up Adventure 』
  
  
簡単な舞台のような
POP-UPシーンが3シーン。
立体的な紙のフィギュアが4体。
  
ユニコーン
西洋ドラゴン
三頭犬
グリフィン
  
毒蛇の髪のメドゥーサなど
平らな紙のピースが13体。
  
  
こんな感じで遊べます(´・v・`)
あ、これはうちの子供たちじゃないです(笑)
裏表
紙の写真です。

https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_IMG_ybi_1_dd_6d_aiai2006_8_8_folder_947571_img_947571_38015115_12.jpg
https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_IMG_ybi_1_dd_6d_aiai2006_8_8_folder_947571_img_947571_38015115_13.jpg
  
  
この舞台のような
ポップアップ絵本は時々見かけますね。
広げると結構大きいですが、
しかけ自体は凝ったものはないです。
これはどちらかというと
フィギュア好きな
「大きなお子さん用」でしょうか?^^(笑)
うちは息子より主人の方が
これ気に入っています(爆!)
部屋のインテリアや
お店のディスプレイとしても良いと思います。
  
  
この絵本で感心したのは
イラストの美しさ
(イラストレーター:Anne Sharp)
描写がとても細かく丁寧です!

https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_IMG_ybi_1_dd_6d_aiai2006_8_8_folder_947571_img_947571_38015115_14.jpg
https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_IMG_ybi_1_dd_6d_aiai2006_8_8_folder_947571_img_947571_38015115_15.jpg
  
  
これらの紙の立体フィギュアは
ぺったんこになって箱に入っていますが
簡単に素手で立体的にできます。
←のりハサミは要りません。
そして収納する時は
ワンタッチでペッタンコ♪
  
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dd-6d/aiai2006_8_8/folder/947571/22/47928522/img_81_m?1437101222
  
これはサイズを変えて上部にヒモをつけると
クリスマスの
立体オーナメントにもなりそうです。
  
  
こんなユニークなのを思い付く
ペーパーエンジニアは誰?
  
  
しかけ絵本づくりされている方だとご
存知かと思いますが
不思議の国のアリス
舞台づくりのようなポップアップ絵本や
360度にぐるりと広げるポップアップ絵本など
ユニークな作品を手掛けている
有名なペーパーエンジニア。
  
  
私はしかけ絵本を買う時は
ペーパーエンジニアの名前で選ぶのが
ほとんどですが
Nick Denchfieldもその一人です。
  
  
  
デンチフィールドの作品はこちらに
感想をまとめています。
ニック・デンチフィールド 書庫トップ >>>
  
https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_res_blog-dd-6d_aiai2006_8_8_folder_1048442_37_44078137_img_0.jpg