★クレイジーな本が受けてる?(笑)(ノ∇≦、)ノ彡☆Diary of a Wimpy Kid

イメージ 1

  

先日ご紹介したDiary of a Wimpy Kid」シリーズ
今アメリカの小学校高学年以上に
とても受けているチャプターブックです。
(こちらはしかけ絵本ではありません^^)
  
らぶさんから質問いただきましたので
私の分かる範囲で書かせていただきます(´・v・`)
  
私はまだ隅々までは読んでいませんが
息子、娘に「この本のどこが面白いの?」と聞いたところ
口を揃えて「とてもクレイジーなところ!!」
という返事(@_@)(笑)
  
ひ弱な主人公Greg少年(中学生)が
家族や友達との日常を日記にしているという設定の本ですが、
面と向かって言えない本音を日記の中でぼやいています
この内容に
( @m@)=3=3=3  ぷぷぷ
(ノ∇≦、)ノ彡☆ ゲラゲラ 笑い転げてしまいます!!
  
日記の様な罫線入り。イラストが豊富。ページ数200ページ以上。
  

  
  
父親に無理矢理始めさせられた水泳教室。
こわごわの主人公Greg。
  

  
  
『ほんとはボク水泳なんかより
ウォータージャズの方やりたかったのに。。。』
  
「は~いみなさ~ん腕をあげてぇ~♪♪」
おばさまたちと一緒にとても楽しそう(笑)
  

  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
シリーズ4冊あります。
この順で読まれた方が良いでしょう。
(米国はペーパーバック、ハードカバー両方ありますが
2009年11月現在で
日本のアマゾンでは片方しか見つけることができません。
とりあえず現在ある仕様のを紹介させていただきます。^^)
  
Diary of a Wimpy Kid(赤い表紙)

▼Amazon
Diary of a Wimpy Kid (ペーパーバック)
  
  
Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules(濃いブルーの表紙)

▼Amazon
Rodrick Rules: Diary of a Wimpy Kid (ペーパーバック)
  
  
Diary of a Wimpy Kid: The Last Straw(グリーンの表紙)

▼Amazon
The Last Straw (Diary of a Wimpy Kid) (ペーパーバック)
  
  
  
2009年10月出版された第4弾
Diary of a Wimpy Kid:Dog Days(黄色の表紙)

▼Amazon
Dog Days: Book 4 (Diary of a Wimpy Kid) (ハードカバー)
  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
こちらの1冊だけはちょっと変わっていて
自分でストーリー(日記)を書く本

Diary of a Wimpy Kid Do-It-Yourself Book (オレンジの表紙)

▼Amazon
Do-It-Yourself Book (Diary of a Wimpy Kid) (ペーパーバック)
  
  
作家になりきって
自分で楽しく書けるように工夫されている本
上の読む4冊とは異なります。
  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
この前偶然、
息子の担任と面談時「Diary of a Wimpy Kid」の話をしましたが
この本の子供たちの行動は親からすれば(ーvー;)←なものもあるようです(笑)
ですが
課題図書は読んだあとにコンピュータでテストを受けます。
この本は「考えて解く力」を訓練するのにすごく良い本らしいです。(ほんとぉ?笑)
  
国語の教科書はいやいや読むうちの息子ですが、
この本だけは何十回も何十回も読んでいて
毎日学校にも持っていきます(^^;)お~い!教科書忘れてるよ~(笑)
  
息子の苦手な英作文をなんとかするために、
ガンダムの表紙のノートを与えて
「日記や作文書いてみてね♪」と言っても
ぜんぜん書こうとしなかったのですが
『Wimpy Kidがこれほど好きなら。。。もしかして?』と
「Kid Do-It-Yourself Book 」を与えたところ
これが大当たり!
1冊を終えて、今2冊目書いています
(半分は落書きです。。。((^┰^))ゞ 笑)
  
著者Jeff Kinney
本業はオンラインゲームのクリエイターです。
最初は漫画家を目指していたようですが挫折して方向転換。
こういう形で大成功をおさめるとは
これまた興味深い多才な方ですね。