★6つの円が飛び出す!!球体ポップアップカード★折り紙建築

イメージ 1

  
  
6つの円が飛び出すポップアップカード(折り紙建築)作ってみました。
これももちろん
閉じると瞬時でぺったんこになります。
  
デザインは折り紙建築の家元
故茶谷正洋氏。
  
この複雑な円は
のりを使わずに組まれていて
そして台紙への固定は「糸」です。
これは
しかけ絵本には見られない技ですね。
  
糸を使う折り紙建築は
今回初めてやってみましたが
さすが大先生のデザイン
台紙との接点が極力小さいせいか?
動きがとってもスムーズ!!
うちの子供たちも「すごい!!」と感動していました♪
  
皆さんの地元図書館にもこれらの本はあるかもしれませんので
まずはお近くの図書館をチェックされると良いでしょう。
アマゾンからも入手できます。
  
  
  
ベースの紙に固定せずに
手の中で瞬時に立体化させることのできる
ジオメトリックな2色使いの紙の立体物
スライスフォームとも呼ばれています。
ジョン・シャープが有名。
茶谷正洋、中沢圭子の折り紙建築に影響を受けた模様?
  
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dd-6d/aiai2006_8_8/folder/947571/43/48804943/img_140_m?1481322491
  
  
■■ 追記 ■■
後日作ってみた茶谷正洋の球体ポップアップカード
  
球体ポップアップカード >>>
クローズタイプ。
  

  
  
球体ポップアップカード >>>
オープンタイプ
  
こちらは球体の中に
更に小さな球体が組まれています^^
  

  
  
不思議なジオメトリック
360度型などユニークな折り紙建築ポップアップカードが作れる!
興味のある方はこちらも図書館をまずチェックされると良いかと。