★紙一枚で作る首里城★折り紙建築・ポップアップカード

イメージ 1

  
きょうは世界遺産のひとつ
首里城(沖縄)の折り紙建築を作ってみました。
  
90度型折り紙建築は
のりを使わずに紙一枚で作れる
切り絵タイプのポップアップカードですね。
閉じるとこの立体物がぺったんこになります。
  
型紙の載った折り紙建築の本にはさんでみたところ(^^

  
デザイン 中沢圭子

女性らしいお花や鳥など柔らかい線のデザインが多かったので
この首里城は茶谷正洋氏のデザインだと思い込んでいました。
こういう建築士のような折り紙建築のデザインも手がけるとは
さすが茶谷氏の一番弟子ですね。
  
屋根の傾き加減も素晴らしいです。
これは海外の折り紙建築には見られない
高度なデザイン処理だと思います。o (´・∇・`)o
  
型紙は茶谷正洋氏との共著に載っています。
ほとんどが紙一枚で作れる
世界遺産の建造物型紙が45点。
日本からは姫路城、清水寺、銀閣寺、平等院鳳凰堂、
東寺五重塔、東大寺南大門、合掌造りの家も載っています。
  
皆さんのお近くに世界遺産はありますか?(´・v・`)
  
私はだいぶ前に首里城は2回行った事はありますが
いつでも行けると考えると
地元人間はなかなか足を運ばないものですよね。
アメリカにいると急に行ってみたくなったりして(笑)
  
  
  
一部 無料ダウンロード情報有!
  

  
折り紙建築(ポップアップカード)の創始者
茶谷正洋、中沢圭子の共著に載っている型紙で作ってみた
二重になった球体ポップアップカード
  
イメージ 1
  
  
  




この記事へのコメント