私流の手抜き作業 ((^┰^@))ゞ(笑)ノートル・ダム大聖堂ポップアップカード

■    追 記  ■
  
  
ノートル・ダム大聖堂 ポップアップカード(折り紙建築)に
再挑戦しました~♪□ヾ(`・▽・´) /
  
  
前回は中央の窓部分を切り抜かずに
このようにエンボスにしただけでしたが…
  
  
今回は
中央の窓部分を交互に切り抜き
他は半分だけ切り起こしました。
  
上部の細長い窓部分は全て切り抜きました。
その方が折りの仕上げが楽なので。
  
  

見えているのはコピー用紙の型紙です。

その下にカードストック(ケント紙に近い厚手の紙)があって

2枚切りで切っています。

  
折りで一番時間がかかったのが
下部分の横一例にある壁の凸凹
今回は折りやすいように裏と表からカッターで半切りしました。
(本来の折り紙建築のやり方)
  
ピンセットを使ったりして
凸凹部分だけで30分近くかかりました… ((^┰^@))ゞ
でも全体の制作時間は短縮できて
今回は2時間以内で仕上げることができました。
  
  
  
仕上がりの全体写真
  
  
後で気づいたのですが
デイジーの花パンチで抜いても良かったかなと思いました。
位置合わせはキチンとしないといけないですが
作業時間を更に短縮できそうです。
  
本に載っている
ノートル・ダム大聖堂の拡大写真を後でよーく見たところ
中央の窓は型紙通りにはカットされていないことに
気づきました(@v@)b(笑)
  
」ぽく小さな弧を描くようにカットする部分が「」の様に
シャープにカットされています
この集中した細かい曲線は
慣れている方でも難しい様ですねぇ。
手元が狂うと
つながっている部分も切り落としてしまいそうになります。
  
折り紙建築でも何でも趣味はそうだと思いますが
基本ポイントを押さえたら
後は自分がやり易いように多少変更して
作ること自体を楽しめれば良いかなぁ?なんて思います。(。◕‿◕。)
  
  
変更と言えば…
このノートル・ダム大聖堂ポップアップカードは
規定のA4サイズ(297ミリ)だとサイズが3ミリ足りないです。
私はレターサイズを使っているので
更に紙が(21ミリ)足りないです。
なので手前のベース部分を短めにしています。
  
閉じた時は長さの違いは分かりますが
開けた状態だと殆ど気になりません。^^
  
どうしても同じ長さにされたい場合は
B4サイズなど大きめのサイズに型紙を貼って
作られて下さいね。
  
新記事としてアップするまでもないので
過去の写真用の予備書類にこの記事を書いています。
日付の順序が逆転してしまっていますがご了承下さい(^^
  

イメージ 7
▼Amazon
▼Yahoo ショッピング 
  
  
  
゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜ ゜゚ *+:。.。:+


この記事へのコメント