★またまた「赤ずきんちゃん」 飛び出す絵本★

イメージ 1
  
  
最近「赤ずきんちゃん」続きですが
今回はショココマミーさんに教えて頂いた
赤ずきんちゃんをご紹介します。^^ Thanks♪
  
お話は皆がよく知っている
グリム童話とは違ったバージョンで、
猟師の登場はありませんが
これはこれで面白い展開だと思います。
  
クライマックスの内容は
このストーリーの山場だと思うので
詳しいことは著作権の関係上
書けませんがどうぞご了承下さい。 ^^
  
鮮やかなイラストも気に入りました。
赤ずきんちゃんがお姉さまぽい♪(笑)
  
\¤\\¸ 7
  
  
シーンは7シーンありますが
大き目のサブページにしかけも付いていて
14ページ分の見ごたえがあります♪
  
しかけのダイナミックさは
ロバート・サブダに比べると無いように見えるかも。
でも、簡単(そうに見えるしかけ)で
これだけのを作るのは
かなりのセンスが要求されると思います。(´・v・`)
  
\¤\\¸ 6

  
丈夫で長持ちするように
背表紙に製本用布(これは何と呼ぶのでしょう?)が
使われているのも気に入りました。
  
\¤\\¸ 5
今から9年前に
出版社違い?で2冊出たようです。
▼Amazon 洋書  
  
  

  
  
\¤\\¸ 98 \?\\? 79 
  
  
イメージ 16
  
  

  
今回の赤ずきんちゃんを手がけたペーパーエンジニアは誰だろう?と
裏表紙を見たら…
  
あのBruce Foster(ブルース・フォスター)!!
道理でしかけが素晴らしいはずです。
  
  
  
  


この記事へのコメント