★飛行機が飛び出すポップアップカード★POP-UP Design and Paper Mechanics

イメージ 1
なでしこジャパン優勝おめでとうございます!O(≧▽≦)O
すごいですね!!
  
  
大快挙!アメリカでもニュースで取り上げられていて
困難なこの時期に歴史に残る偉業を成し遂げるとは
日本の精神力の強さを世界に印象付けたと思います。
本当に誇りに思います。感涙(TvT
  
  
さて、元気を頂いたところで
きょうは夏らしい飛びだすカードを作ってみました。
  
  
ペーパーエンジニア ダンカン・バーミンガム著
ポップアップのハウツー本の中から
飛行機のポップアップカードです。
(本をお持ちの方はP.156~p.157をごらんください。)
  
  
  
この本にはそのままプリントして使える
オールカラーの型紙が付いていますが
私はインク代を節約するために鉛筆で型紙をトレースし
それをこの好みの色のカードストックの上に
セロテープで貼って切っています。(雲は型紙を多少アレンジ)
  
  
カードを開いた時に
飛行機がベースからなるべく飛び出すように
雲の位置をやや端に寄せています。
  
  
  
真上から見た状態。
  
  
  
カードを閉じると一瞬でぺったんこになって
四角いベースの中に収まってしまいます。
この本を書いたDuncan Birminghamセンスが良いですよね。
  
  
このカードを作る時のポイントは
飛行機の組み立て。
  

  
  
そしてこちらは裏から見た状態ですが
飛行機を雲に糊付けする位置はこんな感じです。
  
  
  
この本には
プリントアウトして出来るポップアップカードの型紙が
14点も付いていますが
どれもページの前半で解説されているしかけの実践です。
ああ、あのしかけがこんな風にも応用できるんだと
実感しやすいと思います。
  
  
解説は英語ですが、図や写真が多いので
直感的に分かりやすいと思います。
分度器を使わずに折り紙を折るように紙を直接折って作る
しかけの作り方も載っていて目からウロコ。
結構色々な本を見てきましたが
これは他のどの本でも解説されていないです。
  
  
オリジナル性のある
飛びだす絵本やポップアップカードを作ってみたい方は
デビッド・A・カーターの
この「POP-UP Design and Paper Mechanics」は
参考になると思います。
私もこの2冊はずっと勉強していきたいです。
  
  
左側ブルーの表紙、右側の黒い表紙
中の内容は全く同じです。
  
イメージ 7 イメージ 6
  
  
★★★追記★★★
ダンカン・バーミンガムは、
沖縄の東江亮らが開発した和テイストのゲーム
世界的にもヒットになったあの『TENGAMI』の
ポップアップの構造について指導もした事がある様です^^
  
イメージ 15
  
  
ブログ プロフィール 写真詳細

https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_IMG_ybi_1_dd_6d_aiai2006_8_8_banner_banner.gif.jpg
  

左上:ヴィクトリアン・ドールハウス 360度にぐるり広げる立体絵本

右上:レース切り絵 細かい切り絵楽しいですね♪ハサミ修行中。
左下:モールベア 誰もが使った事があるあのモールでミニテディベアが作れる!
右下:バタフライ ポップアップカード 蝶をテーマとした立体カード
  
  
色々な飛び出す絵本の感想。こちらに一覧まとめています。