★それが知りたかった! 飛び出す絵本 基本の仕掛け 作り方

イメージ 1
  
  
国際的にも名の知れたダンカン・バーミンガム
  
英国の大学や小中学校、一般を対象に
長年ポップアップアートを教えている様ですが、
基本的な仕掛けの作り方
YouTubeにアップしているのを見つけましたので
皆さんとシェアしたいと思います(^0^)ノ
  
  
      濃い内容!     
  
偶然見つけた彼の動画。
基本中の基本かな?
  
イメージ 60
  
  
  
それがですね…( ̄ー+ ̄ ☆キラッ
  
  
  
こんなもの
じゃなかった。
イメージ 59
  
  
こういう専門的なハウツーは
  
数分の動画でも制作する為に費やす労力は膨大です。
  
バーミンガムに本当に感謝致します! m(_ _)m
  
大学でも実際にこういう風に教えているのでしょうか。
丁寧な解説で、どれも内容が濃いです。
  
現役の飛び出す絵本作家たちは真っ青?
誰にも言いたくないかもしれません(笑)
そのくらいの素晴らしい裏ワザ満載の解説です。
  
  
         YouTube         
  
  
【拡散希望】
皆さんの周りで
ポップアップの仕掛けの作り方に
興味のある方がいらっしゃいましたら
ぜひぜひ彼のサイトを教えてあげて下さい。
そしてその方も、良いなと思ったら
周りの方にどんどん広めて下さい。
  
世界中の人たちに
ポップアップを作る楽しさを伝えたいと考えている
懐の広いバーミンガムが喜ぶと思います^^
  
【マナーについて】
そっくりそのまま真似して
自分のオリジナル作品として提出(発表)したり、
彼の本に掲載されている型紙を使い作成したものを
自己作品として発表、又は販売する事は厳禁です。
  
トラブルの元になりますので
必ずマナーは守りましょう d(`・ω・´)キリッ
  
  
★追記★ 
ダンカンのハウツーを観ながら、実際に練習してみたもの      
簡単な仕掛けをコピー用紙で作ってみました^^  所要時間:1点当たり5~10分
  
イメージ 33 イメージ 64
  
  
私が普段ペーパークラフトで使っている紙や道具
  
イメージ 32
  
  
   ダンカン・バーミンガムの著書   
  
  
YouTubeだけでも為になりますが、
動画+豊富な図のある詳しい本が手元にあると、
後で見直す時に分かり易いと思います。
解説の中に出てくるポップアップカードも実際に作る事が出来ます
  

左側ブルーの表紙、右側の黒い表紙
中の内容は全く同じです。
  
イメージ 7 イメージ 6
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dd-6d/aiai2006_8_8/folder/947571/37/48224837/img_122_m?1448671277
イメージ 11
  
  

  
       全く初めての方       
  
ポップアップを作るのが全く初めての方は
アレンジするのも簡単。
  
サブダのポップアップに慣れてから、
バーミンガムの解説を見ると理解しやすいです。
  
  
オリジナルの仕掛けを作りたいけど
やり方がよく分からない…という方に
バーミンガムのYouTubeの解説は正にお宝!
  
  
デビッド・A・カーターの立体見本付きの書籍は
初心者からプロまで長年愛読されています。
和書も出ていますので、説明も分かり易いと思います。
簡単なものからトライすると良いですね。
  
  
  
  
      Parallel-fold = Layer     
  
  
作者に寄って呼び方が違いますが
Parallel-fold(パラレルフォールド)=レイヤー=日本語では平行折り
  
下の写真のレイヤー(正方体)はとても簡単ですね。
  
  
  
私は長い間
長方体は少し計算が必要で面倒臭いなと思っていたのですが
バーミンガムの本やYouTubeの解説では
計算無しで出来ます! 目からウロコ d(@v@
  
イメージ 74
  
  
      これだけで作れる    
  
バーミンガムの基本仕掛けは
厚手の紙ハサミ接着剤 この3つで作れる様に
工夫されているのが多数あります。
  
イメージ 67
  
接着剤はペーパーセメントを推奨している様ですが、
クラフトグルーやスティック糊でも一応可能です。 
  
紙が乾きが遅くて波打ったり、
乾いた後に取れやすいかもしれませんが^^;
とりあえず、練習は身近にある材料を試されても良いかと。
  
  
     はみ出してるのもある     
  
閉じた際に少しはみ出しているのもありますね。
  
バーミンガムが時々
これはダミーなので…と言っています。
  
この動画の目的は
仕掛けの機能とその作り方です d(^v^
  
完成度の高いポップアップを自作される場合は
紙面に収まる様にサイズは調整されて下さい。
  
最初ははみだしなんて気にしなくても良い
そう考えると、仕掛けを作る練習が自由で楽しくなりますね。
まずは作ってみる←新しい発見、アイディアが「必ず」出てきます^0^
その後私も色々作ってみました。
  
イメージ 112 イメージ 115 
イメージ 110 イメージ 78 イメージ 31
  
  
   接着剤を付ける仕草が可愛い   
  

イメージ 64
  
どの動画でも
接着剤を伸ばす際に、彼は小指を使っています。
  
可愛らしい仕草に見えますが、これはちゃんとした理由があります。
  
その後の作業で
誤って別の箇所にベトベト接着剤をつけてしまわない為ですね。
  
私は人差し指を使っているので
接着剤を使う際は何回も何回も手を洗っています←結構面倒
次回から小指を使う事にします^^
  
  
     飛び出す絵本で解説     
  
紹介している基本の仕掛けがどういう風に応用されているのか?
  

飛び出す絵本作家達の実際の作品を例に、
かなり詳しく解説しています。 これも嬉しいですね。
  
イメージ 69
  
抽象的な形をしている基本の仕掛けは
作ってみても今一ピンと来ない事が多いです。
  
でも、実際の作品を見ながらだと
なるほど、こういう風に使えるのか!と勉強になりますね。
  

上の仕掛け絵本は我が家にもあります。
バーミンガムのYouTube解説と共にもう1回開いてみると
なぜこういうデザインになっているのか納得しました。
アマゾン 『ダイトピア』 仕掛け絵本  >>>
  
  
いつか、
動画をひとつづつとりあげて
抑えたいポイントについて
記事に出来たらと思っています!(^0^)ノ
  
  
      余  談      
  

先月10月に出版された別の本もある様です

ですが、バーミンガム本人
自分の名前の入ったこの本に
アマゾンで最低の評価をつけています(笑)
  

事情は良く知りませんが…
どうやら版権のある出版社が、彼の校正を入れないまま(?)
簡易版を勝手に出してしまった模様。
  
その完成度に彼は納得しない様で、
これでは読者が分かりにくいとレビュー書いています。
  
本当にポップアップが大好きな彼の純粋な気持ちが現れていますね。
ますます、バーミンガムを尊敬してしまいました^^
  
2018年頃に更に高度な仕掛けの(?)ハウツー本が出る様です。 ←延期になりました。
  

関連記事
  
バーミンガムは、
和テイストの飛び出す絵本風ゲーム 『TENGAMI』 の
初期の開発にも携わっていた様です!!(^0^)ノ
詳細記事 >>>
  
  
 イメージ 1
  
  
色々な飛び出す絵本の感想。こちらに一覧まとめています。