★19世紀の飛び出す絵本 『シティ・パーク』 メッゲンドルファー

イメージ 1
  
  
19世紀の飛び出す絵本作家と言えば
  
  
今回の絵本はメッゲンドルファーの 『シティ・パーク』 (復刊)
  
  
当時のヨーロッパの一般的な公園の様子と
そこで楽しく過ごす人々が
表情豊かに描かれています。
  
  
こちらの馬車の紳士ですが
ズームインして見ると…
イメージ 87
  
  
綺麗な方を横に乗せているのに
これです。 緊張してる?(笑)
イメージ 75


裏側はこんな表情。写真ボケすみません。

イメージ 100
  
  
子供たちの賑やかな声も聞こえてきそう^^
イメージ 94
  
  
人物は後姿まできちんと描かれていたりして感心。
イメージ 93 イメージ 92
  
  
飛び出す絵本と言うより、パノラマ絵本ですね。
今回は広げた状態を撮っていませんが
6種類の飾り方が載っています。

イメージ 73
  
  
現代のパノラマ風の絵本の中にも
メッゲンドルファーにインスパイアされたと思われる作品を
時々見かける事があります^^↓全く同じ作りでは無いですが一例
  
イメージ 28
Amazon
  
  
彼の作品はこれからもずっと
多くのポップアップクリエイター達に
多大な影響を与える事でしょう。
  
  
イメージ 82
  
  
   メッゲンドルファーのデジタル絵本  
  
メッゲンドルファーは、イラストレーターとして
様々なユーモアあるイラスト、漫画を
雑誌類にも寄稿していた様ですが
作品はデジタル絵本で目にする事が出来ます。
  
キンドル本体は不要 ブラウザで観れます。
『白雪姫』を始め全16話。ドイツ語
Amazon   現在価格わずか162円
↓↓↓
  
  
メッゲンドルファーのデジタル絵本を検索すると
↓下の画像の表紙も別々に出てきますが…
  
イメージ 118
  
白雪姫を始め、上のデジタル絵本にこれら全て収録されています
個別に入手するより、16話版を入手された方が断然お得です。
  
  
関連記事
  
イメージ 98
  
メッゲンドルファーの復刻版は他にも出ています。
  
イメージ 66
  
  
  

  
  
色々な飛び出す絵本の感想。こちらに一覧まとめています。
  
 
  
ブログ プロフィール 写真詳細

左上:ヴィクトリアン・ドールハウス 360度にぐるり広げる立体絵本イメージ 77
右上:レース切り絵 細かい切り絵楽しいですね♪ハサミ修行中。
左下:モールベア 誰もが使った事があるあのモールでミニテディベアが作れる!
右下:バタフライ ポップアップカード 蝶をテーマとした立体カード