★切り絵で描かれた絵本5【アラジンと魔法のランプ】 アニェーゼ・バルッツィ

イメージ 1
  
  
切り絵の絵本
イタリアのアニェーゼ・バルッツィの作品5冊目 『アラジンと魔法のランプ』
  
  
これでバルッツィの切り絵の本は最終回です^^
  
  
これまでのは
Sterling Children's Bookから出版された近年の作品ですが
彼女の初期作品はTango Booksから出ていました。
今回紹介するのがそうです。
  
  
絵本の作りもこれまでのと違っています。
  
  
見開きで7シーン 切り絵は1シーンに左右2枚づつ
全体で14の切り絵で構成されています。(色が上手く出せなくてすみません。)
  
イメージ 4
  
  
普通の印刷物に見えますが、ちゃんとした切り絵です。
コピー用紙の切れ端を挟んでみました^^ これだと分かりやすいでしょうか?
  
イメージ 6
  
イメージ 7
  
  
この作りはこれまでの4冊に比べると切り絵は劣化しにくいと思います。
  
イメージ 15
  
  
活き活きとした線のバルッツィの切り絵すごく良いですね。
  
イメージ 9
  
日本で切り絵がブームとなって久しいですが
こういう遊び心満載の絵本も出ないかなと期待しています^^
  
  
アラジン他数冊の切り絵本が
タンゴ・ブックから出版されています。
  
  
  

  
関連記事
  
  
\?\\? 99
  
  

  
  
イメージ 1 イメージ 1
  
  
最近は、こういう凝った切り抜きの絵本が、多数の出版社から出ていますね。
ジグザグなアコーディオン型絵本『赤ずきん』 
可愛らしいイラストのカッティングセンス。フランスのアーティスト。
  
イメージ 28
▼アマゾン
『赤ずきん』(洋書)
『長靴をはいた猫』(洋書)も出版されています。