★虹のポップアップカード 作り方色々 まとめ

イメージ 1
画像:Sandy Allnockより  
  
  
虹のポップアップカード作り方
YouTubeにアップされているもので
これは良いなと思うものを選んでまとめてみました^^
  
  
こういう虹も面白いですね。初めて観ました。
多くの紙を使いますが、
作り方自体は決して難しくないかと。
虹はあまり厚手の紙ではやらない方が良いかな?
という印象(かさばるので)
  
  
  
動画で説明されているダイカットマシンは
必ずしも必要では無いです。
(寸法は測って決めないといけないですが)
Sandy Allnockさんのは色がブレンドされて綺麗ですね。
自作する場合は好きな画材で自由に^^ 
  
  
  
以前もご紹介しましたが
虹の飛び出し方がユニークです。
  
様々なポップアップで使えそうな凄技(@v@)
  
他にも応用のきく仕掛けの作り方も
一緒に解説しているのが良いです。
  
  
  
この中では最も簡単な虹のポップアップカード作り方
  
上にあるラインハート同様、
プロのペーパーエンジニアは
こうやって作っている方が結構多いみたいです。
  
彼女は実際にラインハートやサブダのスタジオで、
飛び出す絵本の制作に携わっている様です。
  
  
  
  
イメージ 34
  
  
だいぶ前に作った、ロバート・サブダ風の
  
これも、虹のポップアップカードの応用と言えます。
  
   イメージ 27 イメージ 61 
  
  
他にも虹のポップアップカードを見つけたら
こちらの記事に追記していきたいと思います(^0^)ノ
  
  

  
バグズシリーズでお馴染みの デビッド・A・カーター著書
  
初心者からプロまで愛読されている、ポップアップのハウツー本決定版。
立体見本が多数付いていて、見てすぐ直感的に分かるようになっています。 
1999年からのロングセラー
  
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dd-6d/aiai2006_8_8/folder/947571/37/48224837/img_121_m?1448671277 
▼アマゾン
実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ【和書】
実際に作ってみたもの こちら >>>
  
  
大御所ジェーン アービン
皆さんの地元図書館にもアービンの本はあるかもしれません。
  
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dd-6d/aiai2006_8_8/folder/947571/37/48224837/img_120_m?1448671277
▼アマゾン
折り紙でも人気のポール・ジャクソン
洋書は1994年からのロングセラーですが
ついに和書も出たようです。
表紙の鳩の型紙は掲載されていませんが
Vフォールドを本書で学んでいるうちに
その組み合わせ方を理解出来る様に工夫されています。
  
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dd-6d/aiai2006_8_8/folder/947571/37/48224837/img_123_m?1448671277
▼アマゾン
ポール・ジャクソン 書籍一覧 >>>
  

  
普段ペーパークラフトで使っている紙、道具について
こちらに一覧でまとめています。
 ペーパークラフト用の用紙、ツール >>>
  
イメージ 8
  
https://paperpopup.up.seesaa.net/image/_IMG_ybi_1_dd_6d_aiai2006_8_8_banner_banner.gif.jpg イメージ 126
左上:ヴィクトリアン・ドールハウス 360度にぐるり広げる立体絵本
右上:レース切り絵 細かい切り絵楽しいですね♪ハサミ修行中。
左下:モールベア 誰もが使った事があるあのモールでミニテディベアが作れる。
右下:バタフライ ポップアップカード 蝶をテーマとした立体カードを作るのが好きです。