★日本発祥のポップアップカード 折り紙建築

イメージ 1
  
  
日本発祥のポップアップカードと言えば
1980年代に茶谷正洋が考案した折り紙建築。
その一番弟子が中沢圭子。
  
茶谷氏没後(2008年11月)も
現在でも世界中のペーパーアーティストに多大な影響を与えていて
海外の作家達の話やアート関連書籍に
茶谷正洋と中沢圭子の名前がよく登場します。
とても尊敬されているのが分かり、すごく誇りに思います!^^
  
  
一番弟子だった中沢圭子は
今でも関東のカルチャーセンターなどで
彼女のお弟子さん達と折り紙建築のポップアップカードの教室を
開催している様です。
  
  
どの種類のポップアップカードかは
教室によって違う様ですので(見学可のクラスもある模様?)
興味のあるお近くの方は
各カルチャーセンターのサイトで
「中沢圭子」のキーワード検索、または電話で問い合わせて
詳細を確認されて下さい^^
  
  
折り紙建築立体ペーパーアート講座案内
「中沢圭子の立体ペーパーアート」
  
朝日カルチャーセンター横浜  www.asahiulture.com/yokoham  
横浜教室 電話・045-453-1122  毎月第2土曜日 15:30~17:30 
        監修講師:中沢圭子   担当講師:荒木聡子
  
NHK文化センター横浜  www.nhk-cul.co.jp/school/yokohama
ランドマーク教室 電話・045-224-1110 
監修:中沢圭子   担当講師:千葉美代子、(荒木聡子)
  
NHK文化センター千葉  www.nhk-cul.co.jp/school/chiba
千葉教室 電話・043-202-7231 
監修:中沢圭子  【千葉教室監修】陸 邦子 担当講師:荒木聡子  
  
(株)セブンカルチャーネットワーク  www.cul.7cn.co.jp
池袋コミュニテイ・カレッジ 電話・03-5949-5483 
監修講師:中沢圭子   担当講師:荒木聡子、(千葉美代子)
  
  
中沢圭子HP
https://keikokai.exblog.jp/15686837/
  
  
関東以外の皆さんで
折り紙建築ポップアップカードに興味のある方は
皆さんの地元図書館にも型紙が掲載された本があるかものしれませんので
まずはお近くの図書館をチェックされると良いかと^0^
  
書籍一覧 >>>
  
球体ポップアップカードが掲載されている書籍
うちの本棚にあるのは洋書の方ですが
型紙の内容は洋和書全く同じだと予想しています。
  
  
これまでに私が実際に作ってみた折り紙建築
こちらに全てまとめています。 >>>
  
イメージ 1 イメージ 42
イメージ 1 
 イメージ 145
イメージ 1
  
  
海外の球体ポップアップカード ダウンロード情報 >>>
数学教師が提供。クリスマスにぴったり^^
  
イメージ 10イメージ 1
  
  
海外の折り紙建築ファンの方が
茶谷正洋の球体ポップアップカード(スラースフォームとも呼ばれる)を
YouTubeにアップしています。
ぺったんこにしたり、立体的にしたり。
瞬時に形が変わる。面白いですね^^
  
  
ジョン・シャープのスライスフォームも世界的に有名です。
小さく作れば、片手でもぺったんこにしたり、立体的に出来ます。

  
  
市販の折り紙建築のカード
紙が厚くしっかりした作りでゴージャス。
自作する場合はもう少し薄めで大丈夫です。
その方が切りやすく折りやすいので。
 アマゾン オリリガミックカード 一覧 >>>
  
イメージ 125
  
  
私が普段ペーパークラフトで使っている紙や道具
ペーパークラフト用の用紙やツール >>>
  
イメージ 8
  
  
ブログ プロフィール 写真詳細
 イメージ 126
  
左上:ヴィクトリアン・ドールハウス 360度にぐるり広げる立体絵本
右上:レース切り絵 細かい切り絵楽しいですね♪ハサミ修行中。
左下:モールベア 誰もが使った事があるあのモールでミニテディベアが作れる!
右下:バタフライ ポップアップカード 蝶をテーマとした立体カード
  
  
色々な飛び出す絵本の感想。こちらに一覧まとめています。
飛び出す絵本の本棚 >>>