★飛び出す絵本【不思議の国のアリス】サブダの何作目?

    紙の魔術師ロバート・サブダの飛び出す絵本と言えば『不思議の国のアリス』のトランプが舞うシーンを思い出す方も多いと思いますが、これが彼のデビュー作では無いですね。    サブダはアリスを発表する約10年も前から地道に飛び出す絵本の創作を手がけていて、数えてみたら、アリスは13作目。     飛び出す絵本の世界に入る前はイラストレーターとして活動していたので普通の絵本も合わせると23作目。 …

続きを読む

★鉛筆の直筆サインは珍しいかも? ロバート・サブダ

    飛び出す絵本作家 ロバート・サブダの直筆サイン入りの作品。鉛筆での直筆サインは珍しいかも?(サブダのサインはマーカーや耐水性のペンが殆どだと思います。)    これは飛び出す絵本ではなくて、リノリウム版画から刷った絵で作品名は『10ホース』。    この版画に見覚えのある方もいらっしゃると思います^^    以前記事にしましたが、プロジェクトのファンドレイジングの為のもので多忙なサブ…

続きを読む

★『Believe』 ロバート・サブダ 2019年新作 飛び出す絵本

    『Believe』  信じる     適当に色んな書体で文字を打ってみました。書体によってだいぶ印象が違いますね。    2019年に発行されるロバート・サブダの新作仕掛け絵本のタイトルらしい^^(仮なので変更になる可能性もあります。)サブダのお姉様からのメールで教えて頂きました。    今まさに制作中という事です。(サブダの絵本は1~2年かかるのが普通。)    Believeは私…

続きを読む

★飛び出す絵本作家 ロバート・サブダのサイト 更新終了

    紙の魔術と呼ばれている飛び出す絵本作家 ロバート・サブダは現代のメッゲンドルファーかも?  近年の機会仕掛けの様な凝った仕掛けの火付け役で多くのポップアップクリエイターに影響を与えています。    ええと…きょうはちょっと残念なお知らせです。   2018年1月を持ってサブダのサイトの更新が終わりました。新情報はもうアップされない様で残念です(T_T)    これまでサブダのお姉様がH…

続きを読む

★『不思議の国のアリス』 ユニークなポップアップカード

    『不思議の国のアリス』  サントーロ社のユニークなポップアップカード お天気が悪くて届くのが遅れていましたがやっと手元に届きました。  先日の記事に追加でまとめて掲載していますのでそちらの方をご覧下さい^^ >>>  サントーロ社の立体カード       関連記事スウィングカード 関連記事         ヒマワリ スウィングカード ダウンロード情報有り↓      …

続きを読む

★さわるしかけ絵本 ふわふわ

     寒いとこんな仕掛け絵本に触れたくなりますね^。^モコモコふわふわ      デビッド・ペルハムの古い絵本 さわる仕掛け絵本を久々に開いて見ています。 (ふわふわしているのは一部分だけです。)    以前ペルハムの書庫に記載していますが画像がだいぶ小さいので今回ズームインした写真を撮りました。      …

続きを読む

★『不思議の国のアリス』 ユニークなポップアップカード

(画像はアマゾンより)          『不思議の国のアリス』 スウィングカードで有名なサントーロ社から出ている ユニークなポップアップカード。      どんな構造になっているんだろう(?_?)      YouTubeに立体化する様子がアップされているのを見つけました。       立体化させた後に コ…

続きを読む

★パディントン2【飛び出す絵本】パディントン ポップアップ ロンドン

     飛び出す絵本 『パディントン・ポップアップ・ロンドン』 先日触れました 映画 『パディントン 2』 に実際に登場する絵本ですね^^ 手元に届きましたのでレビューアップします。      まずは表紙の アンティークゴールドの金箔エンボス加工が素敵。         映画ではこういう風に使われています。 …

続きを読む

★映画に仕掛け絵本が登場!『パディントン2』

     映画 『パディントン2』 日本では来年2018年1月19日より全国公開らしいですね。      映画の中に仕掛け絵本が登場するのですが とても楽しそう♪(@v@       くまのパディントンの実写版は今回で2作目らしいですが 1作目もチェックしたくなりました。       映画 『パディントン2』に実際…

続きを読む

★あるうさぎ一家のクリスマスイブ【仕掛け絵本】

     今回のは1983年の古~い飛び出す絵本。『バニーズ・クリスマス・イブ』洋書デザイン:キース・モーズレー    おおまかな内容  兎一家の温かいクリスマスイブを描いたストーリー  ベティーナちゃん一家は恒例のクリスマスイブを迎えエキサイト^0^プレゼント交換にもワクワク。      しかし、ベティーナちゃんは生まれたばかりの弟にプレゼントを用意していなかった事に気づきます。    そし…

続きを読む

★まるで機械仕掛け これが19世紀のギミック!プルタブ

紙の魔術師ロバート・サブダのサイトで紹介されている19世紀のビーダーマイヤー時代(1815-1835)のプルタブの仕掛けコレクションが素晴らしいです! >>>    ビーダーマイヤー時代とは?(Wikiより抜粋)19世紀前半のドイツやオーストリアを中心に、もっと身近で日常的なモノに目を向けようとして生まれた市民文化の形態の総称。    1つのプルを引くだけでこんな動きが出せる…

続きを読む

★びっくりの動き!【仕掛け絵本】

    飛び出す絵本(仕掛け絵本)は、その立体感も然ることながら絵本開閉時の機械仕掛けの様な紙の折り畳まれ方や、くるり回転したり、大きく高く高く飛び出したりびっくりさせられる作品が多数出版されていますね。    ポップアップの作り方解説で世界的に有名なダンカン・バーミンガムのコレクションの中から一部(16冊)がアップされています。o(^0^)o ワクワク♪    仕掛けの作り方を視聴者に説明する…

続きを読む

★ロバート・サブダ【飛び出す絵本】新刊案内

   紙の魔術師 飛び出す絵本作家 ロバート・サブダの新作 アマゾンで 『Ten Horse Farm』 予約受付始まりました!  『Ten Horse Farm』はサブダが活動拠点を移したニューヨークの田舎にある馬小屋を改築したアートセンターに由来しています。     馬小屋改築当時のロバート・サブダの様子あのサブダ自ら改築工事に携わったという。お父さんの影響の様…

続きを読む

★横1mに広がる!【飛び出す絵本】ピーターラビット

     ピーターラビットの仕掛け絵本はレベルが高いのが多いですね。今回のも面白い形をしています^^      絵本を開けると横幅約1m!     パノラマ舞台型の仕掛け絵本で、 『ピーターラビットのおはなし』をベースに4シーン。    ピーター家以外の登場人物  りすのナトキンキツネどん宿敵マグレガー氏こねこのトムパドルダッ…

続きを読む

★屋根が可愛いドールハウス【飛び出す絵本】

    ドールハウスの飛び出す絵本    ぐるり360度に開くメリーゴーラウンド型のタイプに比べるとそれほど凝った作りでは無いですが全体的な雰囲気が良いです ^ ^    特に、屋根の形が気に入りました。三角形のとんがり屋根では無くて、Barnの様にやや丸みを帯びています。      今から36年前発行のこの本には本来はペーパートイが色々付いていた様ですが… (裏表紙の写真より)      …

続きを読む

★え?和紙? 仕掛け絵本の修復作業

写真:YouTubeより              アメリカの図書館(Baldwin Library)の昔の仕掛け絵本の修復作業。    その様子がなかなか興味深いです^^    昔のプルタブの仕掛けがどうなっているのか裏側も見れる貴重な映像ですね。    そして、修復するのに一部和紙を使っている事!    強度があるのに薄くてしなやかな和紙はこういう所でも利用されているのですね^^こ…

続きを読む

★破けた傘^^【飛び出す絵本】ビクトリアン

     写真フレームの様です^^ 表紙の破れかぶれの傘が可愛い♪ 今回の飛び出す絵本はビクトリアン調。    四季を通じて自然の中で遊ぶ子供たちの姿が いきいきと描かれています。      この傘の部分の立体感、さりげないですが良いデザインです。 ↓      外でおままごと中 ↓   …

続きを読む

★イイね! 飛び出す絵本が完成するまでの工程

    飛び出す絵本はどういう風にして作られていくんだろう?(?。?)    鉛筆でのアイディアスケッチから始まって1冊の本に完成するまでのペーパーエンジニアアンドリュー・バロンらによる解説がなかなか興味深いです。こちら >>>     専門用語も多いですけどが、普段の生活では見れない貴重な工程写真が多数載っていて楽しいです(^0^)ノ      

続きを読む

★繊細 立体切り絵風 【飛び出す絵本】 くるみわり人形

     細やかなカッティングのある飛び出す絵本 ニルート・プタピパットの作品が有名ですね。      何作か出版されていますが、今回は 『くるみ割り人形』。      写真は裏側から見たものです^m^ 色がついてないですが、レーザーカットの細かさが際立って幻想的。         前方か…

続きを読む

★ミラー(鏡)遊びが出来る本 ダンカン・バーミンガム

     飛び出す絵本の作り方解説 YouTubeで話題になっているダンカン・バーミンガム  今回のは彼がだいぶ前に書いた本で鏡遊びが出来る本です^^ (先日のロバート・サブダのハウスの鏡で思い出しました。)   小冊子で、一見ボリュームは無いですが 開いてみると50点以上のイラストが掲載されています。   一部ご紹…

続きを読む