無料ダウンロード 折り紙建築 セント・ポール大聖堂

  相変わらず雑ですが^^;大雑把な性格久々に折り紙建築をダウンロードして作ってみました。  今回はセント・ポール大聖堂  カード開閉時の様子私は表紙をつけずに紙一枚で作っています。    型紙無料ダウンロード提供Popupology >>>※ダウンロードはご自身の責任でお願いします。   折り紙建築 関連記事 無料ダウンロード情報有

続きを読む

★日本発祥のポップアップカード 折り紙建築 ジオメトリック スライスフォーム

   折り紙建築の茶谷正洋、中沢圭子の ジオメトリックなポップアップカード (英語でスライスフォームとも呼ばれています。) 色んな形がありますね^^面白い   こちらにも本の中身をアップしています >>>      今回のポップアップ型紙が掲載されている書籍うちの本棚にあるのは右側の洋書。型紙の内容は和書と全く同じだと予想しています。  アマゾン マジックハウス 【和書】 >>…

続きを読む

★日本発祥のポップアップカード 折り紙建築

     日本発祥のポップアップカードと言えば 1980年代に茶谷正洋が考案した折り紙建築。 その一番弟子が中沢圭子。    茶谷氏没後(2008年11月)も 現在でも世界中のペーパーアーティストに多大な影響を与えていて 海外の作家達の話やアート関連書籍に 茶谷正洋と中沢圭子の名前がよく登場します。 とても尊敬されているのが分かり、すごく誇りに思います!…

続きを読む

★無料ダウンロード メゾン(ハウス) ポップアップカード 折り紙建築

     きょうも 紙一枚糊不要のポップアップカード(折り紙建築) こちらもデザインはフランスのBaud&Bui 強度をつけるために カットを変更している箇所も有ります。    前回のポップアップカードはこちら    これもまた1箇所型紙に不具合があって^^; ピンク枠内の赤い線 そのままカットすると、一部が千切れた感じになってしま…

続きを読む

★無料ダウンロード ポップアップカード 折り紙建築 ここを修正すればOK^^

     先日のポップアップカード(折り紙建築) 型紙の修正方法についてまとめてみました^^     型紙はこちらからダウンロード >>>village.pdfデザイン:Baud&Bui 商用不可 個人的使用のみ許可      型紙の不具合を修正し、完成したのはこちらです。 本来のとは右端のポップアップが若干違いますが 型…

続きを読む

★無料ダウンロード 教会のあるヴィレッジ風景 ポップアップカード 折り紙建築

     11年ぶりに このポップアップカードを作ってみました^^ 紙一枚で糊を使わずに作れる折り紙建築ですね。  前回のは こちらら >>>    無料ダウンロード提供されていますが(商用不可 個人的使用のみOK)village.pdf  実はこのポップアップカード 型紙の右半分に不具合があって そのまま作るとポップアップしないのです^^;   …

続きを読む

★折り紙建築 紙一枚ポップアップカード アントワープ聖母大聖堂

     紙一枚で作られているポップアップカード ベルギーのアントワープ 聖母大聖堂。      童話『フランダースの犬』の舞台 アントワープ 聖母大聖堂について >>>   折り紙建築作家で世界的にも有名な イングリッド・シリアカスの作品。 右下の曲線部分さりげないですが紙でこの表現良いですね。         ↓     折り紙建築には 後方からの光…

続きを読む

★無料ダウンロード 紙一枚で作る中世の城 ポップアップカード

                  画像:elod beregszasziより          紙一枚で、糊を使わずに作れる 中世の城(要塞) ポップアップカード/折り紙建築(^0^)ノ      平らな状態から折って立体する様子も観れます。 最後に赤い薄めの紙を貼るのはオプション。 面白い影の効果が出そうですね。          無料…

続きを読む

★ポップアップカード?折り紙建築?スライスフォーム?

     先日、何気なくTVを観ていたら 米国マサチューセッツ州ボストンにある ポップアップ制作会社が出ていました。 HPはこちら >>>      2014年に設立された小さな会社が 色々なメディアに取り上げられ、 今までに無いポップアップカードとして 注目されてきている様です。      サイトをのぞいてみると、 確かに色とり…

続きを読む

★【折り紙建築】0度型が面白い

     元旦にアップした中沢圭子先生デザインの 鶴の折り紙建築0度型。 少し広げた状態も面白いです。    でも、はい、 今回うっかり紙の色を間違えたんですよね^^;(笑)   本来の仕上がりはこちら(書籍より)    間違えて作ったのがこちら ↓                          ↓     …

続きを読む