★一足早め アドベント・カレンダー ★ビクトリアンな冬景色

イメージ 1
  
  
少し早いですが、
きょうはアドベント・カレンダーです♪ (´・v・`)
  
お家やストア、教会など建物のシールが24枚ついていて
12月1日から毎日1枚ずつ貼っていき
冬景色の街並みを作るアドベント・カレンダー。
クリスマス当日、最後にツリーのシールを貼って完成。
  
大判サイズ(大きさが分かるように鉛筆添えています。)
ベースにラミネート加工がほどこされていて
シールは何度も貼ったり剥がしたり
毎年使えるようになっています
この建物のイラスト、とても気に入っています!!
 (((o (´・∇・`)o)))
  
でも、シールは紙なんですよね…
  
いくら丁寧に扱っているつもりでも劣化が心配…
  
素敵なイラストを少しでも長い年月使えるように
ちょっとエコ?な工作加えました。 ( ´・v・)ノ✄□
  
出来たのがこちら
  
あ、クリスマス前に
街並みを完成させてしまいました… ((^┰^@))ゞ(笑)
  
  
でも
このビクトリアンな街並み♪素敵だと思いませんか?
  
  
それと
シールにしては立体感が出ていると思いませんか?
  
  
今回加えた工作は
シールを食品空き箱の表側にぺたぺたと貼りつけ
シート通りにハサミでちょきちょきと切り取った後、
裏側に磁石をつけ(ハサミで切れるシート状の磁石があります。)
更にベースにも磁石をつけて
毎日1個ずつベースに磁力でカチッと貼れる様にしました。
  


  
欠点は厚い空き箱と磁石で
カレンダーの重量が増えること…
  
四隅を強力マグネットで固定すれば
ホワイトボードや冷蔵庫につけられますが(←これが一番簡単な方法)
普通の壁に飾る場合はもう少し工夫が必要。
  
簡単に出来る案が浮かんだら
記事にさせて頂きますね(^^
  
表面には
キラキラ光るグリッターのりをつけています。
グリッターのりは手軽なので
ポップアップカード作りの際によく使っています♪
爪楊枝でつけると
細かい作業も手を汚さず出来て良いですね。
  
  
  
  
ぺったんこなシールに比べるとやはりかさばります。
とりあえず1週間分毎に
小さな透明袋に分けて入れてみました。
お菓子の家のようにも見えたりして? ヘ(゜▽、゜)ノ
  
入れ物を茶色の紙袋を利用しても面白いのができそうな♪
後日作ってみたいです。
  
  
  
  
ドイツ語版も沢山出て来ています。
  
  
  
   
  
飛び出すアドベント・カレンダー
  
  
  
  
ビクトリアンスタイルの手作りカードや飛び出す絵本などの記事
  
  
  
  
クリスマスの飛び出す絵本。
電飾付きの美しい絵本も出版されています。
  
  
  
  

"★一足早め アドベント・カレンダー ★ビクトリアンな冬景色"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: